母はいつまでも応援団長

受験生を応援します!大学受験の志望校選びや息子たちがした勉強方法など書いています

【2021年度の倍率は?】龍谷大学 一般入試(前期)合格発表速報!

f:id:hutoparakasan2101:20210111102631j:plain

龍谷大学 一般選抜入試(前期日程)の合格発表がありました。

龍谷大学は昨年より志願者数が大幅に増えたところもあり、合格結果を見ていきたいと思います。

 

 目次

龍谷大学 一般選抜入試(前期日程) 

2020年度・2021年度の文系型・理工型・農学型スタンダードの志願者数・合格者数・倍率をグラフにしました。

(短期大学部は除いています)

 

志願者数(文系型・理工型スタンダード) 

f:id:hutoparakasan2101:20210211163103p:plain

上のグラフを見ると大幅に増えたところがないように見えますが、下の前年比のグラフをみますと文学部(哲学科教育学)は昨年より2倍以上の出願がありました。

その他にも文学部(歴史学科東洋史)や社会学部(コミュニティマネジメント)も増えました。

f:id:hutoparakasan2101:20210123231749p:plain

志願者数(農学型スタンダード)

f:id:hutoparakasan2101:20210211163117p:plain

農学部は昨年を超えたところはなかったですね。すべて昨年より減っています。

合格者数(文系型・理工型スタンダード) 

f:id:hutoparakasan2101:20210211163139p:plain

グラフで見ると、経済学部・経営学部・社会学部(社会学科)(現代福祉学科)は増えたなという感じです。その他でも増えたところはありますが、大幅に増えたという感じではないです。反対に減っているところも多いですね。

合格者数(農学型スタンダード) 

f:id:hutoparakasan2101:20210211163155p:plain

合格者数ですが、農学部は食品栄養学科だけ増えましたね。後は約30名ずつ減っています。

倍率(文系型・理工型スタンダード)

f:id:hutoparakasan2101:20210211163207p:plain

倍率です。

スタンダードでは、文学部(歴史学科日本史学専攻)が9.81倍と一番高いですが、全体では文学部(歴史学科東洋史学専攻)の高得点科目重視が10倍と一番高かったです。2ケタの倍率とは厳しかったですね。

文学部は倍率が高い専攻が多いですが、経済学部・経営学部・政策学部などは下がっています。

国際学部や先端理工学部も下がっているところが多いですね。

倍率(農学型スタンダード)

f:id:hutoparakasan2101:20210211163228p:plain

 農学部は食料農業システム学科の倍率が上がっています。食品栄養学科は合格者が増えたことで倍率は下がりました。

 

まとめ

数年前に比べると龍谷大学の倍率も落ち着きましたね。

今年は文学部の人気が目につきますね。高得点科目重視でも倍率も高いところが多いです。

 

一般選抜入試(前期日程) 全体(短期大学部も含む)

志願者数

2020年度 26,091名   

2021年度 26,096名 

 

合格者数

2020年度 6,340名   

2021年度 6,627名 

全体を見ると、志願者数はほぼ横ばい、合格者数は約300名ほど増えているので、受験生にとっては良かったのではないでしょうか。

 

合格された受験生の皆さん、おめでとうございます!!

 

合格したら、すぐに始めよう! 段ボールにつめておくるだけ!

あなたの参考書 高く買います!!全国送料無料「学参プラザ」