母はいつまでも応援団長

三男の大学受験、ずっと模試はE判定でしたが志望校に合格できましたよ!母は応援し続けました。

【就活で引っ張りだこ!】これから旬の職業は

 

 今、IT業界では人材不足が深刻化しています。 2030年には80万人も不足すると言われています。 えっ!AIに仕事をとられるから、人手が余るんじゃないの?? しかし、そのAIを扱うエンジニアなどの教育も遅れているようです。 AIの専門家は2020年に約4万8000人不足するといわれています。もしかしたらそれ以上 かもしれないです。 そこでAI専門家を育てようと、大学などは新しい講義を始めているようです。 三男の通う関西学院大学でも、2017年から日本IBMと共同プロジェクトを進めてきました。 そして2019年4月より「AI活用人材育成プログラム」を新たに開講することになりました。 説明会では椅子が足りないほど、生徒が集まったようです。 びっくりなのは、理系の生徒だけでなく、文系の生徒も受けることが出来ます。 そのくらい人材不足は深刻なんだと思いました。

 

関西学院大学のHPから抜粋!

AIに関わる人材は、大きく三つに分けることができます。最先端のAI技術そのものを研究開発するAI研究開発者、AI技術を活用して現場の課題を解決したり新サービス・新製品を作り出したりするAIユーザ、そのようなAIユーザにソリューションを提供するAIスペシャリストです。本学のプログラムは、特にAIユーザ・AIスペシャリストの育成をターゲットとしました。それは、分野を問わず実に多くの企業がAI技術を必要としていること、それらの企業がAIソリューションを求めていることから、人材需要のボリュームゾーンがAIユーザやAIスペシャリストにあると考えられるからです。

 

 

AIユーザ・AIスペシャリストの育成の力を入れるようです。 今、就活ではAIを勉強したということだけで、引っ張りだこです。 もちろんITエンジニアも売り手市場です。 AIエンジニアの報酬は海外に比べると日本ではまだまだ低いといわれています。人手不足を考えるとアップしていく可能性があるのではないでしょうか。 興味がある大学生はぜひAIを学んでほしいと思います。

 

 

f:id:hutoparakasan2101:20190504160953j:plain
 関西学院大学でのカリキュラム