母はいつまでも応援団長

三男の大学受験、ずっと模試はE判定でしたが志望校に合格できましたよ!母は応援し続けました。

大学受験 『入学定員の厳格化』で、私立大学が異常に難しくなる

 

年末にこのようなニュースを見つけました!

 

 

2018年は私大入試が異常に難しくなる、これだけの根拠

 

 

2017年の大学入試は、平成の30年間を振り返っても、最難関(早慶上理)、難関(GMARCH関関同立)の私立大学で異常ともいえる難しさであった。18年は難化が中堅やそれ以下の私立大学でも進むという。

 

原因は一定の基準よりも多く学生を入学させると、国から大学への補助金が不交付になる制度である「入学定員の厳格化」であるという記事です。

 

このような記事は、昨年の入試前にも見ました。

 

確かに最低点ギリギリを狙って勉強してる受験生にとっては、合格が難しくなると思います。人気校、人気学部は特に合格最低点が高くなりました。

 

実際、近大は志願者数が多かったために、いつもなら受かっている点数でも不合格の人が多かったです。高校の先生がたも嘆いていました。

 

そのような事態となる大学が2018年も増えるのでしょう。

 

18年入試では最難関・難関の私立大学では合格者を絞り込むことになり、中堅私立大学の倍率、難度が急上昇するだろうと予想されています。

 

 

過去問で、合格最低点が取れてるからといって、安心せずに上乗せできるぐらいの仕上げをしてください。

 

 

願書の受付が始まっています。

出願の速報は最後の最後で増えたり、案外増えなかったりと最終の速報までわかりません。

なので、受験を決めたなら早めに出願しましょう!

 

 

 

f:id:hutoparakasan2101:20190503230600j:plain