母はいつまでも応援団長

三男の大学受験、ずっと模試はE判定でしたが志望校に合格できましたよ!母は応援し続けました。

受験生の病気で急増! 受験うつと新型うつ

現在、受験生がうつ病になる受験うつの患者が増えています。

症状として ・やる気が出ない ・勉強が捗らない ・イライラ・怒り ・食欲不振 ・睡眠障害 ・自殺願望など・・・。

 

実は次男もとても落ち込む時期がありました。高3の時はそれほどでもなかったですが、浪人生の時はとても心配しました。 自信消失・頭痛・吐き気など他にも症状が出ました。最初は11月で寒くなる季節、少し寂しい気分になるこの時期に症状が出ました。 なんとなく勉強をするのがつらいとか、自殺するかもみたいなことも口にしていました。

でも次男にとってありがたいことに、通っていた高校の生徒の約三分の一は浪人生でした。SNS・ラインなどで情報交換やお互いを励ましあったりしていたので、すぐに立ち直ってくれました。

ただ模試の結果が出る日はドキドキしていました。落ち込んで帰ってくるのではないかと。

最近、新型うつという今までのうつ病のイメージには当てはまらないタイプのうつ病が急増しているそうです。

受験うつの患者さんはこの新型うつの方が多くみられます。「何に対しても気力がわかない」「興味や関心が低下する」などの症状である従来のうつに対し、勉強中はうつ症状はあるものの、自分の好きなことは楽しくできるという特徴があるのが新型うつです。

受験生の場合、自分自身の過剰評価や周りの期待に応えることが出来ないとストレスがたまり、うつ状態になってしまうケースが多いそうです。

「新型うつ」の主な原因として多くの研究者がおっしゃっているのが、自己愛の暴走です。自己愛が過剰に膨れ上がり、現実との間で折り合いを付けられなくなると、「自己愛性パーソナリティー障害」を起こすそうです。 人間誰しも、落ち込んだり、やる気が出なかったり、悩んだりすることはあります。受験生なら、勉強のストレス、睡眠不足から軽いうつ状態になることが多いでしょう。でも時間が経てば回復しますが二週間以上うつ状態が続いたら、病院の診察を受けたほうがいいでしょう。

子供さんだけでなく、保護者のかたも一緒に受験うつの治療をしたほうが、早く良くなる場合もあるようです。心の病気は見えない分、難しい面があります。保護者のかたもどうした方がいいのかを悩まれるかたが多いと思います。無理をせず、専門機関に相談しましょう。

私も子供たちに、プレッシャーをかけすぎていると反省することがよくありました。程よい期待は子供を成長させますが、過度の期待はストレスを与えてしまいます。 子供の何気ない本音に心痛めるときがありました。私自身、その何気ない本音を子供たちのSOSとして、じゅうぶん反省し、同じことを繰り返さないようにしようと思っています。(時々また同じ失敗を繰り返しますが)

一番の応援団が応援を口に出してはいけないときもあります。とってもストレスが溜まりますが、保護者のかたもストレスを解消しながら、子供の成長を見守りましょうね。

 

f:id:hutoparakasan2101:20190503215934j:plain