母はいつまでも応援団長

三男の大学受験、ずっと模試はE判定でしたが志望校に合格できましたよ!母は応援し続けました。

夏休みに三者面談がありました。もちろん志望校の話です。

高校の面談では、志望校の確認と勉強のアドバイス。今現在の勝算などの話です。迷っている人には、一緒に進路を考えてくれます。

 

 

三男の場合、迷ってなかったのですが(この時点では)先生から関学では、合格が難しいと言われました。でも面談の時点でまだ夏休みに入ったばかり、これからしっかり勉強すれば伸びるかもしれないのに・・・。

 

私は、今の時点で志望校を下げるとモチベーションも下がりますと言いました。高校受験の時も最後の最後、すごい追い込みをみせて努力しこの高校に入ったので、これからもっともっと努力できると信じてますと言いました。

 

プレッシャーをかけてしまったかなって思いましたが、息子は帰り道に「お母さん、あんなふうに思ってたんや」といって、頑張るわ!と喜んでくれました

 

 

受験する大学を下げるのは、直前でも大丈夫なので、目標は高く頑張ってほしいですね。

 

 

面談の時に英語はもっと勉強しなさい!難しいから・・と。やっぱり英語かぁ-------

夏休みは英語の量を増やして!!

 

頑張ろう!

 

と、言っていた夏休みから3か月が経ち・・・

11月に入ったころ、そろそろ過去問で対策という方も増えてきたと思います。三男も関学の過去問を少しやっていました。当然、合格最低点も取れないですが、この時期は取れなくて当たり前で、苦手のところを確認するということに使っていました。模試の結果も散々ですが、本人も私も合格を信じ頑張っていました。

 

そんなとき、私の古くからの知り合いに会いました。その方は教育関係の人なので、相談をしてみました。どうしても関学教育学部に行きたいの?と聞かれ、えっ!高校の先生にすすめられて・・・。

別の学部でも大丈夫だよ、少し負担がかかるかもしれないけど、違う学部で他のことも勉強したほうがいいよと言われました。

 

えっーーーー結構、負担になるから教育学部にしたほうがいいですって言われたのに・・・もっと早く相談すればよかった・・・。

教育学部じゃなかったら、他の大学も考えられたのに。

 

でも最終的に私たちが決めたことだし、先生は息子のことを考えての助言だったと思うので・・でもどうしようか??・・・・・・悩みました。

ただもうこの時は12月の半ばでしたし、今から他の大学の対策は無理だから、悩みましたが関学教育学部を第1志望で頑張ることに決めました!

 

当然、他の学部も受けますが、どの学部もE判定なので、望みは薄かったです。

関学に合格!と思って今まで頑張って、モチベーションも上げてきたので、(モチベーションを)下げることだけは絶対にしたくなかったんです。

 

 

結果的に教育学部に通うことになり、教職免許を取るために単位を着々と取ってます。教職免許を取るための単位数は結構多いので、あまり負担がないことと教員になるための色々なカリキュラムがあるので息子にはこれで良かったのかもしれません。

 

 

f:id:hutoparakasan2101:20190518162629j:plain